Live in Bonappetit 2017

顧問ヨシヲです。

9月3日に開催しましたLive in Bonappetit 2017 は60席満席でライブを終えることができました。好きなことを勝手にやっているだけのライブにこれだけのお客様にお集まり頂き、本当に感謝しております。


熱血高校吹奏楽部は創部初期の居酒屋での演奏以降、いわゆるコンサートホールでの演奏を主な活動としてきたのですが、なんかもっと楽に演奏披露する場を作れないかと企画したのが今回のライブでした。演奏する側も、聴く側も肩肘をはらずに少しライトな形で演奏ができればなあと。
ただし、いざ練習がはじまってしまうと、ブラック部活動吹奏楽部の性なのか、中途半端に手加減ができないもので、結局コンサートホールでの演奏会と同じぐらいの準備をする事になってしまい、部員というよりは部員の家族にはご迷惑をおかけしました。すいませんがお許しください。


さて、Live in Bonappetit 2017は、ライブハウスでの演奏ということもあり、パーカッション、ベースとのコラボというのを新しい試みとしてやらせて頂きました。

純粋なクラリネットアンサンブルとしては、「リズムを刻む楽器が無い中いかにリズム感を出していくのか」というのも、表現の1つではあります。そのため、パーカッションを入れることで逆にアンサンブルとしての面白みが損なわれたりもするのですが、ライブハウスというちょっとざわついた空気感の中では、パーカッションが非常に効果的でした。リズムが立つという単純な効果というよりは、アンサンブルが色鮮やかに飾られるような効果があったように感じました。もちろん、ゲストで参加頂いた、FCBのメイジソさん、アオケムさんと技術の賜物であります。御両名には大変感謝しております。

加えて、一部の曲には国本剛章さんにベースとしてご参加して頂きました。クラリネットアンサンブルの中にもベースパートはもちろんあるので、エレキベースが入っても、音が濁るだけで意味が無いのでは?という心配もあったのですが、音色が全く違うというのと、国本さんのテクニックもあいまって、ベースの音が欲しいところはベースが効果的に聞こえるというなかなかいい感じの結果になったようです。
さらには、妖星乱舞を会場のお客様に歌って頂いたり、国本さんの新曲「たてぶえシューベルト*1を部員が歌わせて頂いたりと、ホールでの演奏会ではできないステージになったのではないかと感じております。


そんなこんなで、今回のライブは我々とは本当に楽しくやらせていただきましたが、1点心残り、かつ、お詫びしたい点がございます。今回はライブハウスでの演奏ということで、座席数を60席とさせていただきました。我々としても、もっと沢山の方に演奏を聴いて頂きたかったという思いもありますし、行きたかったのに気がついたら満席になっていて断念したという声も多数頂きました。ライブハウスでの演奏もまたいつかやりたいとは思うのですが、次はお客様を沢山お呼びできる会場で、演奏会を開きたいと考えております。


最後になりますが、今回のライブにおいては企画の段階から国本剛章さんに多大なご協力頂き、さらにはゲストプレイヤーとしてもご参加いただきました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

次回の演奏機会は未定ですが、今後とも熱血高校吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

*1:9月19日発売のCD「PC園児 DECADE」に収録されています。

Live前日だよ、熱血高校

とうとうLive前日になりました。
前回病に倒れた顧問は復活。やっぱり顧問がいると安心感が圧倒的にちがう!そして部長は電車で定期券を忘れるイベントを発生させて大遅刻。その一報を聞いたメンバーは、溜息しか出ませんでした。


さて、本番目前の熱血高校では、いつもの練習とちがう様子がチラホラと見受けられます。


散乱するリード
クラリネットは「リード」という木の板を振動させて鳴らす楽器です。リードは1枚1枚クセがあり、演奏する曲に合わせて選ぶ必要があります。熱血高校の演奏曲では、長時間吹きっぱなしと、頻繁にある音の跳躍が求められるため、部員はクラシック曲を演奏する時よりも抵抗の少ないリードを選ぶ傾向にあります。本番に使う本命リードを探して、演奏が近くなればなるほど、リードを取っ替え引っ替え選別しならが練習をするので、各部員の周りにはリードが散らかります。


譜めくりを考慮した楽譜
通常練習では、楽譜をそのままペラペラの状態で使っているのですが、それでは本番には臨めません。わずかな隙間で譜めくりができるように、楽譜の製本が必要です。当日をシミュレーションをしながら製本する作業は、なかなか時間がかかります。その作業を面倒くさがってか、本番まで製本しない部員もいて、誤って楽譜を落として床にバラバラと広げてしまうミスもしばしば。


サインを確認し合う部員
本番近くになればなるほど、曲を全部通して吹く、通し練習が増えます。曲間の繋ぎや、入りのタイミングを確認するのです。指揮者がいないアンサンブルでは、これがとても重要。タイミングを合わせるために、各ポイントで担当部員がサインを出します。E♭ClやB♭Cl、AltoClは、ベル(楽器の先端)を揺らすことでサインを出すのですが、BassClやContraAltoClは、楽器を床面に固定しているため、そのようなサインは出せません。そのため、肘を上げ下げすることでサインを出します。低音クラリネットにとって、肘は他者とコミュケーションを取る器官となっています。
楽譜しか見ていないようで、実はこんな風にサインを送り合い続けているのです。


こんな地味なことを重ねて、本番に挑みます!!!

以上、BassCl担当の80でした。

顧問倒れる!

こんにちは。今回の練習日記は水道管(※金属製コントラアルトクラリネット)担当のみなえがお送りします。


最近嬉しい事があったんですよー♪
水道管ちゃんのケースが器用なお友達の手によって美しく生まれ変わったのです!

以前のケースは蓋がきちんと閉まらず、持ち手も千切れそうになっていて持ち運び困難でした(↓)

リメイクケースは持ち運び安心ラクラク♪ リュックみたいに背負えるので両手が空いちゃいます♪(↓)


で、あまりにラクラクなので昨日別部活(部活掛け持ちしています)の福島県合宿にも連れて行き、今日はそのまま熱血高校の練習に直行だー♪と、スキップしながら練習場所に向かっていた矢先「顧問発熱により練習スケジュールを変えます」という内容の連絡網が!!


え!? あの誰よりも熱心なヨシヲ先生が部活を休む?
あぁ、余程体調が良くないのでしょう。
発表会まであと一週間だというのに!


部員だけで練習を始めたのですが
「あー、ここのテンポが遅くなっちゃうのはヨシヲ先生がいないからだ」
「うーん、ヨシヲ先生さえいれば指がちゃんと動くのにー」
「ヨシヲ先生がいないと息が吸えないよー」
と、みんな調子が出ず‥。
普段いかにヨシヲ先生に頼っているかを確認しただけの練習となりました。


やはり健康第一ですよね。
ベストコンディションで本番に臨めるよう、作戦は「いのちだいじに」で行きましょう。

熱血高校の損すること・得すること

先日台湾に修学旅行に行っていましたかんちゃんです。

本日の練習は、午前中に高田馬場でパーカッションパートとの合わせ練習。さらにその後、クラリネットだけ、門前仲町に場所を変えて、夜の閉校時間まで練習するというハードなものでした。残りの練習回数も限られているので、自ずと練習にも熱が入りますね。

ところで、この部活、長時間の室内練習が特徴です。そのため、こんな「損すること/得すること」があります。


損すること(1) 「肩こりに悩まされる。」
熱血高校の練習は、常に座りっぱなしです。僕のお父さんは「仕事でずっと椅子に座りっぱなしで肩こりがひどい」と言っていますが、吹奏楽の練習はその比ではありません。立ち上がるのは2〜3時間に1回くらい。さらに座り心地の悪い椅子で、かつ原則指くらいしか動かしていませんから、姿勢が変わらず、肩こりが進行します。なので、たまの休憩では、メンバーはそこかしこでストレッチ。普通の人から聞かれないような「ボキボキ!!」という音がいたるところから聞こえます。


得すること(1) 「美白を保てる。」
夏と言えば、日焼け。甲子園球児のように、夏の部活動で日焼けした人を見ると、「こいつ頑張っているな」と思いますよね。ただ、紫外線による日焼けは、お肌に大敵。しかし、私たちの活動では、一切その心配はありません。防音対策でそもそも窓のない部屋で練習することも多く、UV対策は万全。いつでも美白を維持できるのが強みです。


得すること(2) 「妙齢の男女が一室にこもれる。」
私は中学時代、男子校だったのですが、幸いにも(?)今は共学。熱血高校は男女が同数なので、曲の編成によっては男子1名、女子4名ということもあります。最近芸能人が、男女で密室にこもって、数時間後に出てきたという話を、ワイドショーでよく見かけますよね。熱血高校では「窓のない部屋に妙齢の女性と長時間こもる」ことはざらですし、彼氏持ちの女子も多いので、いつ文春砲が来ないか心配です。でも一線は越えていませんのでご安心を。

ネツスイで、愛されボディ・夏エンジョイ☆

熱血高校吹奏楽部、通称ネツスイは、ゲーム音楽を演奏するクラリネットアンサンブル団体だよ。この9月にあるLiveに向けて練習中!
メンバーはネツスイ活動で、この夏まわりと差がつく、愛されボディを手に入れちゃうよ。


1.透き通る美肌を見せつけろ♪
練習場所は冷房が効いた屋内があたり前。ところによっては地下室だから、徹底的に紫外線をシャットアウト!練習は朝から始めて、終わる頃には日が落ちてるから、太陽なんてサヨナラ。肌は美白になるばかりだよ。


2.引き締まった二の腕を見せつけろ♪
楽器に楽譜、譜面台。重い荷物を持って練習場所に行くだけで、腕はキュッと引き締まるよ。必須アイテムに加えて、3種の神器は、Bluetoothスピーカー(電子メトロノームを大音量で流す用)、レコーダー(練習演奏を録音して、後で反省する用)、スマホ(毎回の練習場所確認と遅刻謝罪連絡用)。メンバーのバッグはいつも荷物でパンパン。今回、パーカッションで参加してくれる、FCB有志のメイジソさんの重装備には勝てないけどね!


3.スリムな腹筋を見せつけろ♪
ゲーム音楽は人間による演奏を想定していないから、再現のためには、どうしても息継ぎが考慮されない楽譜ができあがるよ。素早く息を吸ったら、意識が遠のくくらい吐き続けるから、美木良介もびっくりのロングブレスダイエット状態。インナーマッスルはムキムキになっちゃうよね。そして最近、炭水化物抜きダイエットをしているメンバーがちらほら。食事面でも脂肪とオサラバだよ。


9月3日のLiveでは、こうやってつくりあげた愛されボディで、お客さんをトコトン魅了しちゃうよ!


・・・以上、BassCl担当の80でした。女性誌風に書くのはしんどいですね。


※結果には個人差があります。この記事は効果を保証するものではありません。

一致団結!顧問と部長の不在を乗り切れ!

B♭クラリネット2年生のめると申します。


今日の練習は朝9時から20時、「お食事会」まで含めると22時半くらいまででした。
こんなに長い練習は久しぶりで、「お食事会」のごはんや「炭酸水」がとても美味しく感じました。嗚呼青春!


午前中は、諸事情で仕上がりが少し遅れている某曲の特訓を3時間。
確か、オレンジの服を来た男性が空を飛んだり黒髪から金髪になったり、緑色の肌をした方が登場したりするような曲だった気がします。
本番まで練習できる時間もわずかなため、それぞれが意見を出し合って、アツい練習となりました。


そして午後からは全員揃って、大編成の曲を練習です。
なんといっても今日は、夜の18時から20時まで、ゲストのキノコ国本さんとの合同練習が控えていたのです。
「ここはベースが入ります」「ベースが入ったらこうなります」、などなど、夜の練習に向けて調整をしていきます。


そして、朝から8時間にわたる練習ののち、我々はキノコ国本さんとの合同練習のため、全員で都内某所のスタジオへ向かうはずでした。しかし。


「あれ...?部長は...?」

なんと、駅のホームに部長の姿がありません。


「「「そんな!いつも演奏を引っ張ってくれる部長がいないなんて!」」」


部員全員に動揺が走ります。

「大丈夫だ、我々にはヨシヲ顧問がいる。ヨシヲ顧問がキノコ国本さんと連携して、ベースから全員を引っ張ってくれるはずだ」


そう思っていたのもつかの間、スマホの画面を見たヨシヲ顧問の表情が変わりました。


「今すぐ、向かわなくては行けない場所ができてしまった」

「「「ヨシヲ顧問ーーーー!!」」」


そしてヨシヲ顧問は駅のホームを去ってしまいました。


さて、いつも演奏や練習の段取りなどを引っ張っているヨシヲ顧問と部長が不在の状態にも関わらず、ビッグゲストのキノコ国本さんをお迎えすることになった我々。
毎回譜面のアレンジを担当してくださるFCB指揮者いちけn氏にヘルプを求めるも、


「悪いな、今日はこれから酒を飲むので忙しいのだ」


と断られてしまいました。

不安な面持ちでスタジオへ到着すると、そこには、屈強な装備を身に着けた、FCBパーカッションのメイジソさんが待っていました。
そうです、今回はFCBからパーカッションの援護をお願いしていたのです。


「俺に任せろ」


そう言ってメイジソさんが微笑むと、スタジオの入口に、キノコ国本さんがいらっしゃいました。


ーー大丈夫だ。できる。

「「「国本さん、よろしくお願いします!!!」」」


その後の練習は、Esクラのエースどんぶり先輩、影のリーダーみさき先輩をはじめとする部員たちの情熱と、メイジソさんの手厚いサポート、そして何よりキノコ国本さんの圧倒的なベースにより、つつがなく進行してゆきました。


今日はもうひとつドキドキする出来事がありまして、それは、キノコ国本さんのリクエスト曲をご本人の前で演奏するというものでした。演奏だけならまだしも...おっと、ここは当日のお楽しみなのでした。
こちらも無事に演奏することができまして、キノコ国本さんに、あんな楽器、こんな楽器を演奏していただけることになりました。楽しみにしていてくださいね!


無事に練習を終えた我々は沖縄料理屋さんで「お食事会」をしまして、美味しいごはんや「炭酸水」を堪能しながら、食べ物の話に花を咲かせました。


本番まで残り1ヶ月を切りましたが、ラストスパートがんばります!

編曲はつらいよ

どうも、195さんが編曲した譜面を好き勝手に書き換えたことにより、今までの練習内容がほぼパーになり、演奏メンバーから白い目で見られている丼です。
ホントにすみませんでした…

練習日記管理メンバーから、「前回に引き続き編曲の話をしろ」との指示がありましたので、今回の編曲にあたっての苦労話でもしたいと思います。


1.譜面作成ソフト購入はつらいよ

当団体では、基本的に自分たちでアレンジしたものを演奏することが多いです。各自で編曲したものをメンバーに演奏してもらうためには、譜面化が必要ですので、譜面作成ソフトを利用して出力しています。
譜面作成ソフトと一言にいっても、機能的にも価格的にもピンからキリまで。無料のソフトだと操作性に難があったり機能に制限がありますが、高いソフトだとインターフェースも洗練されているため、譜面作成が非常に捗ります。
(過去には、高機能ソフトの体験版だけで、演奏曲全てを編曲してきたツワモノもいますが・・・)

実は、私は過去に先輩から譲り受けた高機能ソフトを持っていたため、今回のライブでは大編成曲を担当することになりました。
しかし、いざ編曲を開始しようと、譜面作成ソフトを入れていたPCを起動したところ、OSのロゴすら表示されず、PCケースからは謎の異音が発生、データ復旧を試みるもHDDにアクセスすらできず・・・やむなくPC本体と譜面作成ソフトを再購入する羽目になりました。
機能の充実した譜面作成ソフトってとんでもなく高いんですね…


2.特殊な編成はつらいよ

今回自分が担当する曲は、ゲストの国本さんにもご参加いただけるとのことで、まさかのベース入り!
さらに、FCBの有志の方がパーカッションで参戦してくれることに!!

…大変光栄なことではあるのですが、この編曲は正直、かなーり荷が重いです。

どちらの譜面のお作法も全くわからない中、パーカッションは「原曲聴いていい感じで叩いてください」という無茶振りで譜面作成を放棄したのですが、国本さんに弾いていただくベース譜を作らないわけにはいきません。
ベースの譜面ってこれでいいのかと悩みつつ、とりあえず一通り音だけ並べてみました。が、ベースの使い方がこれで正しいのか大いに不安です…
国本さん、ひどい状態の譜面をお渡しすることになり、本当に、本当に申し訳ございませんでした…


3.時間制約はつらいよ

最近の熱血高校吹奏楽部の傾向として、1ゲームあたりの演奏時間がどんどん長くなってきています。
が、好きなだけ演奏時間を使って良い訳ではありません。練習期間や演奏会の時間的な制約上、顧問から演奏時間の目安が提示され、編曲者はそれに合わせて編曲します。

今回自分が担当する曲の持ち時間は6分だったのですが、このゲームOPとEDやるだけで5分くらいかかるんですよねー…というわけで顧問に延長できないか打診し、2,3分なら伸びてもOKとの回答をもらうことができたので、意気揚々と曲を追加していきました。

とりあえずエンディングまで完成させてみて、あと2,3曲追加したいなーと思いつつも現時点での演奏時間を測るために再生してみたんですよ。
そしたらその時点でまさかの15分越え…

泣く泣く追加予定の曲2曲+作成済みの曲1曲を没にすることに。
行き当たりばったりだとこういう目に遭うってことですね。猛省します…編曲は計画的に!


以上、編曲に関する苦労話(というより愚痴)でございました。
本番までになんとかなるといいなぁ…


なお肝心の今週の練習については
 ・ヒューマン先輩が安定の遅刻*1
 ・昼に麻婆まぜそばを食べたら口が痺れて午後まともに吹けなくなる
 ・此の期に及んで初めて全員揃った状態で合わせる曲がある
など概ねいつも通りでした。


次回練習では国本さんとの初合わせの予定です。
練習もいよいよギアアップしていかなければならない時期ですので、気合い入れて頑張ります!

*1:遅刻の常習犯のため、練習日になると顧問から起床確認メールが飛ぶこと多々